お知らせ

お知らせ

【糸魚川市観光情報】神秘の秘境『小滝川ヒスイ峡』色々体験。

眼下の小滝川の清流と圧倒的な迫力をもってそびえる明星山の大岩壁。
小滝川ヒスイ峡では、これらの織りなす幻想的な風景にくわえ、ヒスイの原石も間近に見ることができます。
現在、日本の全国各地の遺跡から見つかるヒスイは、糸魚川のヒスイ峡から産出されたものと考えられます。
※小滝川ヒスイ峡は、国の天然記念物に指定されており、指定区域内での岩石や動植物などの採取は一切禁止されています。
パンフレット_小滝ひすい峡

【体験1】大迫力!天空に向かってそびえ立つ雄姿!明星山を見上げる!~その昔はサンゴ礁~
・ヒスイ峡展望台
 ここから見る高さ440mのゴツゴツした明星山の岩肌はまさに芸術そのもの!空に向かってまっすぐとそびえ立つその大迫力の姿は圧巻!
---→ここでPoint!←---
 明星山は石灰岩(主に生物の遺骸等から成る堆積岩)から成る標高1,188mの山です。今から約3億年前、熱帯付近の海底火山にできたサンゴ礁が、長い年月をかけてプレートの運動によって移動してきました。この近辺では様々な化石が掘り出されることがあり、サンゴ、腕足類、フズリナといった代表的なものから、2004(平成16)年には、日本で発見されたものの中で一番古い時代のサメの歯の化石が発見されました。ちなみに、この明星山は、上級者向けのロッククライミングの名所としても知られています。

【体験2】パワースポット!国天然記念物の源流でヒスイのパワーをもらおう!
・ヒスイ峡学習護岸
 ヒスイは古代より強力な護符や魔よけとして広く使われてきました。ここでは、ヒスイの原石を目の前で見ることができ、実際に触れることができます。明星山がそそり立つダイナミックな風景の中でヒスイ原石に触れて質感を味わい、約5億年前に地下深くでできた地球のロマンを感じましょう。
---→ここでPoint!←---
 小滝川ヒスイ峡は、最初の発見から国の天然記念物に指定されまで、以下のような深く長い歴史があります。
 昭和初期(1930年代)まで、国内各地の遺跡で発見されるヒスイは外国産のもので、日本にはヒスイの産地はないと考えられていました。しかし、相馬御風(そうまぎょふう)は高志国(こしのくに)と呼ばれた糸魚川周辺の地域の女王であった奴奈川姫が、ヒスイの首飾りをしていたという伝説などから、姫川上流にヒスイがあるのではないかと考えました。御風の一言がきっかけとなり、調査した結果、1938(昭和13)年、小滝川に注ぐ戸倉沢の滝壺で緑色の綺麗な石が発見されました。
 その後の詳しい調査を経て、それがヒスイであると証明されるとともに1939(昭和14)年には小滝川がヒスイの産地であることが発表されました。
 ところが、当時は第二次世界大戦の真っ只中。貴重なヒスイは保護されることなく、多くのヒスイが掘り出されてしまいました。発表から17年が経過した1956(昭和31)年にやっと国の天然記念物に指定され、現在に至るまで大切に保護されています。

【体験3】「静」と「動」のコントラスト!行かなきゃ損!絶景ビュースポット
・高浪の池展望台
 小高い峠にある展望台では、大迫力の明星山と静寂に包まれる高浪の池のコントラストが、まるで絵を見ているかのよう!「絶対的な美しさ」とはまさにこのことではないだろうか。ここから見る絶景にきっと誰もが魅了されること間違いナシ!糸魚川に来てこれを見なきゃ絶対に損ですよ!
---→ここでPoint!←---
 高浪の池は、池の西南部にある赤禿山の地すべりによってできた池です。人工的な美しさではなく、偶然が重なってできたまさに「奇跡が生んだ美しさ」が織りなす風景です。池の深さは13mほどのすり鉢のような形をしており、地下からの伏流水で一年中水が枯れることはありません。池の目の前に立つと、「ここは本当に日本か!?」と思ってしまうくらい神秘の世界観に包まれます。ちなみに、高浪の池では、巨大魚の目撃が相次いでおり、池のほとりにはそのオブジェである愛称「浪太郎」と「翠(みどり)」がいます。もしかしたら巨大魚に出会えるかもしれません。

そして、『小滝川ヒスイ峡』を満喫した後の旅の締めくくりは、ホテル國富アネックスの開放的な露天風呂で疲れを癒していただき、にいがた地酒と共に日本海の味覚と糸魚川温泉をお楽しみください。
スタッフ一同、皆様の心よりご来館をお待ちいたしております。

 ・四季【夏】プラン(06/01~07/15)
 ・四季【夏休み】プラン(07/16~08/31)

φ(..)カキカキ K・K


お知らせ一覧へ