お知らせ

お知らせ

3月ももすぐ終わり、どんどん春色になりますね♪♪

終業式、卒業式、離任式が終わり、そして本格的な春休み!なったかと思えば、、、
もうすぐ3月が終わり、明後日からは4月、新年度のスタートですね。
新たな学年のスタート、始業式、着任式、入学式などなど。
学校でも会社でも4月は、始まりの月のイメージが強いですよね。
ぶかぶかな学生服を着て、、、大きなランドセルを担いで、、、リクルートスーツを着て、、、。
春の出来事は、春の色を連想させ、春の香りの記憶を思い起こさせてくれます。

皆さんの春は何を連想させますか?

そう言えば、『青海(せいかい)』も糸魚川の春を連想させる食材の一つ。

春になるとある 美味しい地魚。
それは、地元の方がこよなく愛する春の魚『清海(せいかい)』です。
ここ糸魚川では、『鯛』と同等に扱われる魚であり、祝いの席で食する機会も多い魚なんですよ!珍重されるだけあって味も抜群。
seikai1
因みに『清海(せいかい)』は
◆市場での評価・取り扱われ方◆ 高値安定で安くならない魚。
◆漁獲方法◆ 釣り/刺し網/底引き網
◆漢  字◆ 「薄目張(うすめばる)」
◆由  来◆ 文様がはっきりしないためではないか?
◆呼び名・方言◆
東北で「メバル」と言えば本種であり、市場への入荷は青森からが多い。
市場では本種を「アカメバル(赤目張)」、メバルを「クロメバル(黒目張)」と呼び分ける。
別名「ツヅノメバチメ」、「オキメバル(沖めばる)」と呼ばれることも多い。
他には「アカガサ」「メガラ」「スズノメバチメ」「アカスイ」「アオヤナギ」「ホゴ」
「清海(セイカイ)」。
◆食べてみる◆
身は絹のように滑らかで白い。しかも脂が適度にあって、噛み締めると繊維質に粘り気を持ち奥行きがある。しょうゆとの相性がよく、煮つけは最上の味。塩焼きや干物、小型は唐揚げなどにしてもうまい。とのこと。

『清海(せいかい)』が食べられるシーズンとなってきました。
春ですね♪
春ですよ♪

身も心も『ほっ』としたい時は、『春旅』はいかがですか?
ホテル國富アネックスの開放的な露天風呂で旅の疲れを癒していただき、レストラン『ラ・パレット』で地元五蔵の地酒とお料理を是非、ご堪能くださいませ。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

春のプランはこちらからどうぞ♪
 ・四季【春】プラン(03/16~05/31)

φ(..)カキカキ K・K


お知らせ一覧へ