お知らせ

お知らせ

こども向け 国石『ヒスイ』の説明だょん♪

先日は『糸魚川産姫川薬石』について説明させていただきましたね。
そして、今日は糸魚川の石、新潟の石、日本の国石になったヒスイについて、お子様にも分かるよう説明させていただきたいと思います。

昨年、ヒスイは日本の国石に選ばれました。
これは、日本鉱物科学会の人たちが日本を代表する石として選んだを「国石」としたのです。
jade
日本には色々な石があるけれど、
国石はきれいな石であることが第一の条件。
そしてヒスイは、日本で見つかる宝石のナンバーワンなので、きれいさは申し分ない!

でも、ただ「きれい」だけではダメで、その石が世界的に大事な意味を持っていることが第二の条件として求められたんです。

日本のヒスイは世界で最も古いもので、約5億年前にできたもの。
海には三葉虫がいた時代。それ以前の地球では、ヒスイができる条件にならず、ヒスイはまったくできなかった。
それからヒスイは、地球のどこにでもあるのではなく、日本のようなプレートが海溝に沈み込む場所にだけできる石なんです。
日本ならではと言うか、とても日本らしい石といえるのです。

このヒスイを今から7000年前の縄文人が初めて使い、これが世界最古のひすいの利用と言われています。
世界中でヒスイを使った場所は、日本、中央アメリカ、朝鮮半島、中国があるけれど、この中で古さは日本が断トツなんですよ。
中央アメリカは3000年から2000年ぐらい前、朝鮮半島は1600年ぐらい前に日本で作ったヒスイ勾玉が海を渡って行ったんそうな。
中国が一番古いと思っている方が多いと思いますが、中国でヒスイが使われたのは、清と呼ばれる時代の乾隆帝という皇帝のときで、今から250年ぐらい前なんだそうですよ。
日本の江戸時代の中ごろですね。

実はヒスイは謎も多い石なんですよ。奈良時代にヒスイが突然使われなくなったんです。
この原因は良く分かっていなけど、おそらく仏教が影響してたらしい。。。
不思議なのは、奈良時代以降1200年もの間、ヒスイが日本で採れることも忘れ去られたことなんです。
海岸や河原に落ちている綺麗なヒスイに、誰も注目しなかったのは本当に不思議な話。
そして、面白いのは、ヒスイがとても重たい石なので、ヒスイと気が付かずに漬物石に使っていた人もいたそうです。

日本人がヒスイに再び気が付いたのは今から78年前のこと。新潟県糸魚川というまちの川に大量のヒスイが見つかったんです。
これはまさしく世紀の大発見なんだけど、不思議なことにほとんどニュースにならなかったそうです。色々と謎めいたところがあるのも、ヒスイの凄いところかもしれないですね。

国石となったヒスイのすごいところは、これだけじゃないんです。7000年前に使われ始めたヒスイは、北海道から沖縄県まで日本中に広まったのです。
こんな石は他にないそうです。さらにすごいのは、今でもヒスイが見つかる事なんですよ。せっかく国石なったのに、博物館でしか見ることができないのは残念でしょ?
世界中を見ても古い宝石の鉱山はとっくに掘り尽くされて、今は採れないことが普通なんですが、日本のヒスイは例外。
小学生でもヒスイ探しが上手な人がいるくらい。
しかも、ヒスイがたくさん集まってい場所は天然記念物になって保護されているので、永久になくなることはないんです。
未来の人も確実に国石ヒスイを野外で見ることができるんですよ。これも国石にヒスイが選ばれた大きな理由なんですって。

そんなヒスイに思いを馳せながら、ヒスイ拾いや糸魚川のおいしいものを食べてみませんか?
ホテル國富アネックスの天然温泉は、地下1,300メートルから自憤する温泉は高温・良質であり、湯量も毎分1,500リットルと豊富に湧き出ております。開放的な露天風呂で旅の疲れを癒していただき、地元五蔵の地酒と日本海の味覚を是非、堪能していただければと思います。
スタッフ一同、皆様の心よりご来館をお待ちいたしております。

↓↓↓↓↓宿泊プランはこちら↓↓↓↓↓
四季【夏】プラン(06/01~07/15)
四季【夏休み】プラン(07/16~08/31)

φ(..)カキカキ K・K


お知らせ一覧へ